管理人は「LINE証券」に対してどう考えているのか?

本日2019/08/20より「LINE証券」サービスが開始されたようです。
多数の銘柄を数百円~数千円で取引出来る事・取引時間帯が長い事等が特徴で、投資初心者向けなのだそうです。

管理人は「LINE証券」に対してどう考えているのか?

管理人は、この「LINE証券」を投資初心者に勧める事は致しません。主な事由は下記の通りです。

・「LINE証券」は実質、(「単元株」では無く)「単元未満株(S株・ミニ株)」での取引の仲介会社を担うべくサービスを提供していると思われ、その仲介の分の手数料が利用者に上乗せして課せられるもの(これこそがLINE証券という会社のビジネス モデル)と考えます。

・投資初心者が先ずは少ない元手で投資を始めるにあたり、各銘柄の単価の安さに惑わされて胴元から高い手数料率を貪り取られるのは悲しい事です。

・投資初心者が先ずは少ない元手で投資を始めるにあたっては、例え銘柄数を絞り込んででも、手数料率が標準的である「単元株」を取引すべきであると考えます(それに適した銘柄を当サイトでも紹介させて頂いております)。

・どうしても保有したい銘柄が在るのであれば、その「単元株の購入に必要な元手をしっかりと事前に用意する」のが、投資の準備として正しい道と拝察しております。

・元手が足りない内は、その銘柄の保有は先ずは将来の楽しみに取って置き、その他の銘柄を取引しましょう。

尚、管理人は、主にはSBI証券を使い、99%以上を単元株で取引しております(1:1.1の割合等で毎年のように株式分割する銘柄も保有している為、100%にはなりません)。

「投資全般」に関する他の記事