本格的に投資を始めるなら、自分自身に対して「投資ポリシー」を決めましょう☆

投資対象は、種別も商品も沢山有りますよね。誘惑だらけの世界です☆

本格的に投資を始めるなら、自分自身に対して「投資ポリシー(投資方針)」を決めましょう

本格的に投資を始めるなら、自分自身に対して「投資ポリシー(投資方針)」を決めましょう。特に「やらない事」を決めておくのは重要な事だと思います。

尚、管理人の「やらない事」は下記の通りです(少額の投資の場合は例外もあります)。

・投資資金の獲得を目的とした「借入(借金)」はしない。
・「信用取引」は行わない。
・レバレッジ型金融商品は購入しない。
・解り難い(解り辛くしてある?)対象には投資しない。

上記のように「やらない事」を決めておくと、自ずと下記の例のように「投資ポリシー(投資方針)」が決まって来るかと存じます。

・自分が実際に持っている資金を用いた「現物取引」のみで、レバレッジを掛けずに、自分が他人に詳細を説明可能なレベルの解り易い対象に投資する。

こうしておけば、大きな衝動買いをある程度予防できるかと存じます。

「投資全般」に関する他の記事