「インフラ ファンド」にどの程度投資すべきか?

インフラ ファンドはその銘柄にも拠りますが、高い利回りでの分配金(株式における配当金)の受取(インカム ゲイン)が期待出来ますし、運用成績の良い銘柄においては若干の値上り益(キャピタル ゲイン)も期待出来る投資対象となります。

当記事投稿時点では、上場インフラ ファンドは太陽光発電システム銘柄ばかりですが、太陽光発電は国策として推進されている側面が有り、この国策の変更如何に拠っては業績が不安定化する可能性を想定しておくべきと思慮致します。

「インフラ ファンド」にどの程度投資すべきか?

管理人の見解としては、インフラ ファンドがポートフォリオ全体の10%を超えていても決して異状とは感じません。
「保有資産:1,000,000円」の方は、200,000円以内・出来れば100,000円程度の銘柄を先ずは1件購入する事を勧めます。

「投資全般」に関する他の記事